SIRIUS2

当記事では、SIRIUSとSIRIUS2の違いについて紹介しています。

私が大きく違うと感じたのは、ライセンス形態とお問い合わせフォームページの作成機能です。

SIRIUS2を購入しました。

広告
新世代型サイト作成システム「SIRIUS2」

私が最初にSIRIUSを知ったのは、SIRIUSの前身であるAQUAの頃。

当時、私はドロップシッピングをしていて、購入した有料のドロップシッピング用のショップ作成教材がワードプレスで構築されていたので基本ワードプレスを使用していました。

その頃に、稼いでいるドロップシッパーの方のブログでAQUAを紹介していたので気にはなりましたが、購入するまでには至りませんでした。

その後「AQUA」の後継ソフトして 「SIRIUS」が発売されて話題になり、ドロップシッパーさんのブログ経由で私も購入した。

ですが、購入後ほとんどSIRIUSに触れる事無く時間が過ぎていったのですが、SIRIUSの記事を書いてみようと思い立ち、何も知らないで記事も書けるわけもなく少しずつですがSIRIUSを使う様になりました。

あれから随分と時間が経ちましたが、今でも使いこなせてはいない。

SIRIUSがSIRIUS2になっても言える事ですが、アドセンスブログのような記事数の多くなる大規模なサイト作成には向いていません。

特に、私の場合記事タイトルを長くするのでSIRIUSの表示だと後から記事を探しずらいと感じたりしています。

ですが、SIRIUSシリーズはサイト作成の際にWordPressと双璧をなす存在だと思っています。

私的には、サイトやブログを作成しようと思ったら小規模のサイトならSIRIUSシリーズ。大規模になるであろうさいとはWordPressとしています。

SIRIUSとSIRIUS2のライセンス形態の違い

SIRIUS2のリリースに当たりデータの作りから見直したと言われていますので、サイトを作る上での機能に大きな違いがあるのは当然ですので、ここでは割愛させていただきます。

サイト作成以外の部分にフォーカスを当てて紹介していきます。

SIRIUSとSIRIUS2の違いで一番大きく変わったのがライセンスに対する料金体系です。

機能面でSIRIUSのバージョンアップでは済まなくなったので大きな改善があるのは期待していますし期待を裏切らないでしょう。

ネット回線が遅くて、その辺は試せていないのですが。

それ以上にインパクトがあったのがライセンスに有効期限が付いたことです。

ライセンスに有効期限があり、有効期限を過ぎると課金して更新をしないとバージョンアップとサポートフォーラムに入れなくなる。

課金してライセンスを更新するとバージョンアップとサポートを受けられる。

ここが、私的に一番大きなインパクトがあった違いになります。

賛否が分かれるで部分立ち思います。

けれど郷に入れば郷に従えという、ことわざがあります。

このシステムの導入のおかげで、今までは有料で発売されていた絞り込み検索機能などの追加機能が標準で装備されて有料の追加テンプレートが、追加料金なしでサービスを受けられるようになるかもしれません。

あくまでも予想の域ですが、あり得ると思っていますし更なるサービスの充実に期待します。

SIRIUSとSIRIUS2のサイトデータの違い

SIRIUS2はサイトのデータを新しい形式にしているのでSIRIUSとデータの互換性はありませんが、データの変換を行うことでSIRIUS2に簡単に移行する事ができます。

私は、SIRIUSとSIRIUS2をどちらも使うということを想定していましたが、SIRIUSで作成したサイトデータをSIRIUS2へ移行してSIRIUS2だけを使用するスタイルが定着します。

SIRIUS2を購入したらSIRIUSを使う必要がなくなりSIRIUS2だけでいいということです。

SIRIUSよりSIRIUS2の方がサイトの表示速度など優れている点が多いので、テンプレートとヘッダー画像をSIRIUS2のものに変更して既存のサイトに上書きアップロードするという作業をしています。

SIRIUSとSIRIUS2のお問い合わせフォーム作成の違い

SIRIUS2ではSIRIUSでは出来なかったお問い合わせフォームを作成する事が標準で出来る様になりました。

SIRIUSの時は外部の無料サービスを利用してお問い合わせフォームを作成していたのですが、SIRIUS2では標準でお問い合わせフォームの作成機能が備わっている。

これは大きな違いです。

SIRIUSの時はお問い合わせページを作成するのが面倒で作らない事が多かったのですが、SIRIUS2では標準で装備されているの手間もかからずお問い合わせページを作成する事が出来る。

SIRIUSで作成したサイトをSIRIUS2化する際にお問い合わせページも追加してアップロードしています。

この機能だけで、サイト作成のハードルが下がったと思います。

広告
新世代型サイト作成システム「SIRIUS2」